■プレイバックシアター☆ワークショップ
 
台本のない即興劇「プレイバックシアター」
誰でも、すぐにアクター体験ができます。
初心者も経験者も、プレイバックシアターの仕組みを基礎から学び、心から楽しみましょう。
 
【日 時】2013年
     9月19日(木)27日(金)
     10月3日(木)18日(金)25日(金)31日(木)
     11月7日(木)21日(木)28日(木)
     12月5日(木)19日(木)26日(木)
 
※11/28(木)→11/29(金)
※12/19(木)→12/20(金)
 
※2014年以降のスケジュールは、基本、木曜or金曜です。3か月前にスケジュールをアップします。
 
2014年1/16(木)23(木) 2/6(木)21(金)27(木) 3/6(木)20(木)27(木)
 
     いづれも18:30~21:00(2時間半)
 
 
【参加費】 1回3,000円(税込3,150円)
      5回チケット13,500円+税(1回あたり2700円)
     10回チケット25,000円+税(1回あたり2500円) 
※学割は、上記金額のそれぞれ40%OFF
    
【指 導】 渡辺美佐子
(劇団ALLプレイバックシアター代表・IPTN(国際プレイバックシアターネットワーク)プラクティショナー)
 
※スクール・オブ・プレイバックシアター日本校のコアトレーニングとして、単位を取得できます。
 
【内 容】 
プレイバックシアターのリチュアル(基本的な様式)・アクターの基本姿勢(態度)・基本的なショートフォーム(動く彫刻・ペアーズ・スリーセンテンス・タブロー・コーラス・ナラティブV・トランスフォーメーションなど)・ステージング(効果的な舞台空間活用)・布や椅子を使った効果的な表現方法・ストーリーの構成(ロイヤルモーメント・プラットフォーム・ストーリーのエッセンス)・忍者ロール(主役以外の登場人物やモノ)・コンダクティングの役割・積極的傾聴・ミュージシャン(楽器や声という音を使ったもう一人のアクター)の役割・芸術的なアクティングの多様性・ムーブメント(身体表現)・プレイバックシアターの持つ社会的影響・ストーリーがもたらすギフトについて
 
※カリキュラムは、参加者の理解度や熟練度に応じて、毎回、変わります。